東南アジアの生産物~社会~

  • 0

東南アジアの生産物~社会~

東南アジアでは、すずとか、天然ゴム、ボーキサイトとか、なんだかカタカナのものがさかんに作られる・・・けど

なんだか分かっていますか?

 

すずは、

金属です。古くからは、青銅器の材料としても使われていました。

 

ボーキサイトは、

鉱石です。アルミニウムの原料です。

 

天然ゴムは、

ゴムノキの樹液によって、つくられます。

ajia1

さて、それぞれどこの国でさかんにつくられていますか?

マレーシアは、天然ゴムやすずの産地です。

インドネシアは原油や、ボーキサイトなどの鉱山資源が豊かな国です。

また、二つの国に共通した輸出品は?

=木材です。

ajia2

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

りんごやみかん~社会~

りんごやみかんについてです。

日本では主に、りんごは青森県、長野県

みかんは、愛媛県や和歌山県でさかんに作られています。

ringo1

 

りんごは、冷涼な東日本で多く栽培され、

みかんは温暖な西日本で多く栽培されています。

問題:りんごとみかんの分布地域が違う理由は?

 

答え:両作物の栽培に適する気候条件が違うから。

 

また、りんごやみかんの農家の悩みについてあげられるものは

●たくさんとれすぎるほど、値段が下がってもうからない。

ringo2

 

これを、豊作貧乏 といいます。

●国内の他の産地だけでなく、外国から輸入される他のくだものとも競争しなくてはならない。

ringo3

 

 


教育・学校 ブログランキングへ


  • 0

くだものの輸入~社会~

問題:輸入くだものとの競争により、一時国内での生産がほとんどなくなったくだものは?

 

答え:レモン

kudamono1

 

問題:国内生産が減少し、現在、国内生産量と輸入量がほぼおなじくらいになってしまったくだものは?

 

答え:さくらんぼ

kudamono2

 

また、さくらんぼの生産が国内で最も多い県は、山形県です。

 

問題:国内で生産できず、輸入の多いくだもの上位2つは?

 

答え;バナナとグレープフルーツ

 

輸入の中心は

バナナはフィリピンから、

グレープフルーツはアメリカからです。

kudamono3

kudamono4

 

 


教育・学校 ブログランキングへ

 


  • 0

鎌倉時代~南北朝時代をかんたんに~社会~

後鳥羽上皇、六波羅探題、後醍醐天皇、建武の新政・・・

なんだかごちゃごちゃになっていませんか?

 

まず、源頼朝が鎌倉幕府をひらきましたが、

なぜ鎌倉かというと、三方を山にかこまれ、、一方は海で、守りやすかったためです。

そして、
京都で院政を行っていた、後鳥羽上皇が

朝廷の勢力を回復させようと
1221年 承久の乱をおこしました。

jyoukyuu1

 

勝ったのは、幕府です。

後鳥羽上皇は、隠岐に流されましたが、
幕府は京都を監視するため、六波羅探題をおきました。

 

その後、今度は鎌倉幕府をたおそうとした朝廷側は、後醍醐天皇です。

1333年、足利尊氏などを味方につけ、鎌倉幕府をたおし、
後醍醐天皇は、建武の新政を始めます。

またそのあと、建武の新政は2年ほどでくずれ、

後醍醐天皇は吉野にのがれ(南朝)

足利尊氏は、建武の新政に不満を持つ武士らとともに、京都に新たに天皇をたてました(北朝)

南北朝時代です。

jyoukyuu2

 

かんたんにまとめてみました。

地図で位置を確認していくと、覚えやすいです。

 


教育・学校 ブログランキングへ

 


  • 0

石油化学工業~社会~

石油は主に、サウジアラビアとアラブ首長国連邦から輸入されます。

sekiyu1

 

運ばれるのは、港に近い、瀬戸内工業地域と、京葉工業地域です。

そこで、石油化学製品の出荷額が1位なのは、京葉工業地域です。

sekiyu2

 

瀬戸内工業地域のほうが、広いのに?と考えるかもしれませんが、

出荷額では、京葉工業地域のほうが、高い金額のものを作っているからです。

2位の瀬戸内工業地域のほうが、衣服やプラスチックなどの金額が安いものを作っています。

 

化学製品は、ほとんどが原油が主原料になっています。

プラスチックやビニール、タイヤに使われる合成ゴムなど

他にも、洋服によく使われているポリエステルなどの合成繊維、 塗料や合成洗剤などなど

いろいろなものが作られています。

 


教育・学校 ブログランキングへ

 

 


Count per Day

  • 87080総閲覧数:
  • 73今日の閲覧数:
  • 1560先週の閲覧数:
  • 3477月別閲覧数: