【中学受験算数】濃度算の動画授業です

  • 0

【中学受験算数】濃度算の動画授業です

たこやき先生の濃度算の動画授業です。

ゼロからの中学受験 算数 33 濃度算
テキスト『中学入試 算数のつまずきを基礎からしっかり』 P78~79

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

中学受験 算数 年令算~動画授業~

中学受験 算数 年令算~動画授業~

父は39才、子は11才。父の年令が子の年令の5倍であったのは、いまから何年前でしょう?

たこやき先生動画授業です!

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

中学受験 算数 時計算 ~動画授業~

中学受験 算数 時計算

まずは、短針と長針のお話しです~。たこやき先生動画授業です!

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

中学受験 算数 植木算4 ~間の数~ 動画授業

中学受験 算数 植木算~間の数~

問題

長さが120mある道の片側に、8mごとにはしからはしまで木を植えます。

木は何本いりますか?

 

数がずれるようです。小さい数で試して、納得!

たこやき先生動画授業です。

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

中学受験 算数 流水算 ~動画授業~

中学受験 算数 流水算 ~動画授業~

中学受験算数 流水算 動画授業です!
たこやき先生~川の流れは、下るときと、上るときで速さが変わってきます。
何が変わってくるのか…ご覧ください。

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

中学受験 算数 つるかめ算 ~動画授業~

ゼロからの中学受験 算数 つるかめ算

たこやき先生の動画授業です。

つるとかめの絵に注目です。。!

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ

 


  • 0

中学受験 算数 つるかめ算 ~動画授業~

ゼロからの中学受験算数 つるかめ算の動画授業リンクです!

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ


  • 0

÷と×を間違える?~小学生算数~

こんな問題があります。

折り紙で鶴1000羽を4人で折る予定であったが、人数が増えて20人で折ることになった。

20人で折ったときの1人あたりの鶴の数は、4人で折るときの何倍になるか、求めなさい。

 

普通は人数が増えるなら、1人あたりの折る数は減るでしょ、と考えます。

しかし・・・算数が苦手だと、÷、× をどう使ったらよいか、わからない!ということがあります。

suu2

 

例えば、

1000羽×4人=4000羽

1000羽×20人=20000羽

4000羽→20000羽 だから、5倍!

なんていう間違え方をしてしまいます。

 

そこで、図に書いてみましょう。

suu1

 

こうしてみると、

1000羽を4人で折る→1000÷4=250羽

1000羽を20人で折る→1000÷20=50羽

というように、
1人当たりの折る数は、÷を使うと計算できる、という考え方ができます。

 

すると、

250羽から、50羽に減っているので、答えは1/5となります。

 

ここでも注意なのは、250÷50=5なので、5倍!と答えてしまうと間違い。

250羽の何倍が50羽なのか?
問題が何を聞いているのか?という基本的な解き方をおさえていないと、間違えてしまいます。

 

このことは、算数だけでなく、他の教科でも言えることなので、

問題文に線をひく!

などの簡単ですが、ミスを防ぐ方法は大事ですよ。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ

 


  • 0

和差算~算数~

和差算ですが、線分図(せんぶんず)を書くことで、解けていきます。

 

問題

兄と弟の持っている金額は、合わせて900円です。兄は弟より200円多く持っています。2人が持っている金額はそれぞれいくらですか。

 

wasazan1

 

ここで、兄と弟が同じ部分を計算して出します。

 

900円-200円=700円の部分は、兄と弟が同じ金額の部分なので、

wasazan2

 

700円を2で割ります。

wasazan3

ここで、ポイント!

線分図に書いていくときに、単位、ここでは「円」、をきちんと書いてください。

他の問題などの場合に、~冊など、他の単位と混ざらないようにするためです。

 

ここまでで、350円が出て、ほっとしないように!

問題文を確認しましょう。

wasazan4

 

「2人が持っている金額はそれぞれいくらですか。」

が答えなければ、いけない金額です。

 

wasazan5

こうして、答えは、

兄・・・550円、弟・・・350円

となります。

 

ここで、心配な場合は、最後に全部足して、確認しておきましょう。

wasazan6

 

問題が難しくなっても、ポイントの部分をしっかり守っていくと、

解けると思います!

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ