歴史や古典を勉強していると、古事記伝とか、出てきますね。

奈良時代に古事記とかあったけど、関係あるの?とごちゃごちゃしてきたら、ちょっと整理しましょう。

 

奈良時代に、歴史書の「古事記」や

和歌の「万葉集」などが出てきます。

 

それを千年くらいたった後、江戸時代に研究した人がいます。

その研究を「国学」といいますが、
万葉集の研究をした人は、賀茂真淵(かものまぶち)です。
また、それを「万葉考」といいます。

manyo1

 
また、古事記の研究をしたのは、同じく国学者の本居宣長(もとおりのりなが)です。
また、それを「古事記伝」といいます。

manyo2

 

さらに、本居宣長の師匠は賀茂真淵です。

本居宣長は、万葉集の歌論「万葉集玉の小琴」も執筆しています。
(これは、「万葉考」の補説をしたものです。)

そんなに昔のことを研究したのは、すごいことですね。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ