和差算ですが、線分図(せんぶんず)を書くことで、解けていきます。

 

問題

兄と弟の持っている金額は、合わせて900円です。兄は弟より200円多く持っています。2人が持っている金額はそれぞれいくらですか。

 

wasazan1

 

ここで、兄と弟が同じ部分を計算して出します。

 

900円-200円=700円の部分は、兄と弟が同じ金額の部分なので、

wasazan2

 

700円を2で割ります。

wasazan3

ここで、ポイント!

線分図に書いていくときに、単位、ここでは「円」、をきちんと書いてください。

他の問題などの場合に、~冊など、他の単位と混ざらないようにするためです。

 

ここまでで、350円が出て、ほっとしないように!

問題文を確認しましょう。

wasazan4

 

「2人が持っている金額はそれぞれいくらですか。」

が答えなければ、いけない金額です。

 

wasazan5

こうして、答えは、

兄・・・550円、弟・・・350円

となります。

 

ここで、心配な場合は、最後に全部足して、確認しておきましょう。

wasazan6

 

問題が難しくなっても、ポイントの部分をしっかり守っていくと、

解けると思います!

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると、投稿スピードがアップします!(笑)


中学校受験 ブログランキングへ