日明貿易は、室町時代に3代将軍 足利義満が明(中国)と始めた貿易です。

当時、貿易を強要し、時に海賊となった「倭寇」がいました。

九州北部や、瀬戸内海沿岸に人々の他、朝鮮人や中国人など、日本人以外の人もいました。

nitimin2

 

そこで、倭寇と区別するために、勘合という合い札を使いました。

なので、日明貿易は勘合貿易ともいいます。

nitimin1

 

日明貿易では、いろいろなものが輸出入され、

利益は、幕府の財源となりました。

nitimin3

 


教育・学校 ブログランキングへ