講倫館高校の倍率

公立高校を受験する場合、各学区でトップ3番手校までが大学受験をできるレベルです。
講倫館高校は、それより下になるので、進路としては大学受験の他に、専門学校・就職も混ざってきます。

先日、平成31年度県立高等学校一般入学志願状況 が更新されたようです。(2019年2月19日時点)
ようするに倍率ですね。

糸島高校 普通科 1.10倍
玄洋高校 普通科 0.80倍
早良高校 計   0.78倍
福岡講倫館高校 総合学科 1.20倍
筑前高校 普通科 1.09倍
城南高校 普通科 1.65倍
城南高校 理数科 1.28倍
修猷館高校 普通科 1.60倍

ぱっとみてもわかるのは、倍率が高いのは2番手校の城南高校普通科ですね。
ここは、前年度倍率が1.58倍だったので高くなりました。

講倫館高校の倍率は前年度の1.29倍から下がりました。

ただ下がっているのは講倫館高校だけではなく、城南高校普通科以外全て下がっています。少子化の影響でしょうか…

講倫館高校の合格ライン

講倫館高校に合格するためのラインは
偏差値:45以上~(福岡県模試・フクトなど)
入試本番:145点以上~(合計300点満点・1教科60点満点中30点以上が5教科)
内申点:27~ (45点満点中・9教科でオール3)

福岡の内申点の評価は、内申点と入試本番でみる比率がほぼ同率です。
(内申点:入試本番=5:5)
学校によっては内申点重視で6:4だったり、本番重視で4:6くらいのところもあります。

講倫館高校の内申点ラインは真ん中より上のラインで、1や2の不得意科目はなんとかがんばって3にしておきたい。そして9教科あるので、副教科も手を抜かないことですね。
入試本番は、5割ほどの点数が必要です。

講倫館高校の塾向け説明会に参加した感想

講倫館高校は総合学科です。私も塾向けの説明会に参加させていただきましたが、生徒がどんな授業を受けていきたいかを自分で決めることができ、学年があがるにつれて、その選択した分野の授業が多くなってきます。

授業ごとに生徒が移動し、大学のような感じでした。卒業時には全員にプレゼンテーションをしてもらうということで、自発性が求められると思いました。

福岡市の公立高校の学区制について

ここで通学地域についてのお話です。
県立高校の普通科の場合、「学区制」というものがあり、住んでいる場所によって受験できる高校が限られています。
ただし、普通科以外の学科やコースでは、学区よりも広い地域から受験できます。
講倫館高校は総合学科で、福岡全県から通学できます。

講倫館高校の大学合格実績

速報の合格実績です。(福岡講倫館高等学校HPより 平成31年2月22日時点)

中央大学合格
立教大学 合格
明治大学 合格
同志社大学 合格
立命館大学 合格
西南学院大学 合格20人以上
福岡大学 合格70人以上

佐賀大学 合格
帝京大学 合格
福岡工業大学 合格
久留米大学 合格
など

就職・専門学校へ進む人も多いですが、大学合格者にも有名大学が入っています!