早良高校の倍率

公立高校を受験する場合、各学区でトップ3番手校までが大学受験をできるレベルです。
早良高校は、それより下になるので、進路としては大学受験の他に、専門学校・就職も混ざってきます。

先日、平成31年度県立高等学校一般入学志願状況 が更新されたようです。(2019年2月19日時点)
ようするに倍率ですね。

糸島高校 普通科 1.10倍
玄洋高校 普通科 0.80倍
早良高校 計   0.78倍
福岡講倫館高校 総合学科 1.20倍
筑前高校 普通科 1.09倍
城南高校 普通科 1.65倍
城南高校 理数科 1.28倍
修猷館高校 普通科 1.60倍

ぱっとみてもわかるのは、倍率が高いのは2番手校の城南高校普通科ですね。
ここは、前年度倍率が1.58倍だったので高くなりました。

早良高校は1倍を切っています。

早良高校の合格ライン

早良高校に合格するためのラインは
偏差値:41以上~(福岡県模試・フクトなど)
入試本番:おおよそ90点以上~(合計300点満点)
内申点:27以下~ (45点満点中・9教科でオール3以下)

福岡の内申点の評価は、内申点と入試本番でみる比率がほぼ同率です。
(内申点:入試本番=5:5)
学校によっては内申点重視で6:4だったり、本番重視で4:6くらいのところもあります。
玄洋高校の内申点ラインは真ん中より下のラインですが、1や2の不得意科目はなんとかがんばって3にしておきたい。そして9教科あるので、副教科も手を抜かないことですね。

入試本番のラインは、3割以下です。

早良高校のコースと学区制

早良高校には普通科と普通科のスポーツコミュニケーションコースがあります。

スポーツコミュニケーションコースは、地域貢献活動の授業や福岡大学スポーツ科学部との連携による授業も実施。スポーツを通してコミュニケーション力を高め、競技力向上はもとより、スポーツを支えたり、企画したりして、スポーツに関する職業についても学ぶそうです。(福岡県立早良高等学校HPより)

ここで通学地域についてのお話です。
県立高校の普通科の場合、「学区制」というものがあり、住んでいる場所によって受験できる高校が限られています。
ただし、普通科以外の学科やコースでは、学区よりも広い地域から受験できます。

早良高校のスポーツコミュニケーションコースは、福岡全県から通学できます。
スポーツコミュニケーションコースの倍率は0.45倍でした。

早良高校の大学進学実績

H30年度の合格実績です。(福岡県立早良高等学校HPより)

久留米大学 3名
久留米工業大学 1名
福岡工業大学 2名
西南学院大学 1名
福岡大学 1名
九州産業大学 7名
中村学園大学 2名
純真学園大学 1名
日本経済大学 3名
筑紫女学園大学 3名
福岡女学院大学 1名
尚美学園大学 1名
大阪商業大学 1名

など合格者総数38名

専門学校合格者総数 31名
就職内定者 30名
公務員合格者総数 5名

進路は専門学校・就職もあり、公務員実合格は自衛隊もありますね。
スポーツコミュニケーションコースもあるので、大原スポーツ公務員専門学校合格者が4名いました。