私立高校の前期・後期制

私立高校受験について、第一志望校が私立高校の場合は、公立高校をすべり止めにして前期にチャレンジする!などの受け方もあります。

私立高校は前期後期制です。どちらも受けることできます。

前期日程に受かる人数は合格者の8割~9割で、特進科・普通科など全て受けることができます。
後期日程に受かる人数は合格者の1割~2割でほぼ普通科しか受けることができません。

なので、受け方としては前期の方が受かりやすいので、偏差値の高い方の高校を受けてチャレンジし、後期に安全なレベルの高校を受けるなどが一つの方法。

逆に言ってしまうと、前期に安全なレベルのところを受けておいて、後期でチャレンジする人もいるかもしれません。

学校のレベルとしては、難しい順で
大濠高校 スーパー特進科
大濠高校 特進科
東福岡高校 英数特進科
筑紫女学園高校 特進科
西南学院高校 普通科
大濠高校 普通科

舞鶴高校 特進科

東福岡高校 普通科

舞鶴高校 普通科

筑紫女学園高校 普通科

と続きますが、これより下になってくると大学受験が厳しくなるようです。

福岡舞鶴高校は、東福岡高校の進学と同じくらいです。

福岡舞鶴高校の偏差値と合格最低点

通常私立高校受験の際は、公立高校と違って「内申点」をあまりみません。

福岡舞鶴高校の偏差値:48
合格最低点:前期121点(300点満点)(H30)

専願の場合
合格最低点:65点(180点満点)(H30)

特別進学
偏差値:59
合格最低点:前期182点(300点満点)(H30)

専願の場合
合格最低点:105点(180点満点)(H30)

(福岡舞鶴高等学校HPより)

専願と後期は、国語・数学・英語・グループ面接があります

特別進学選抜コース
スポーツ選抜クラス(進学コース内)※専願のみ
新設されたそうです。

募集要項に「転コース合格」について書かれていました。
例えば、「特別進学選抜コース」希望者で、特別進学選抜コース不合格で特別進学コースの合格基準に達している場合は、「特別進学コース」へ転コース合格となります。

他の学校でもあるとあるようですが、

一番上のコースで受験しておいて、もしとどかなければ、その下のコースで合格

という形で受験できるようですので、チャレンジできますね。

福岡舞鶴高校の大学進学実績

※指定校推薦実績

(AO入試や自己推薦や普通の学校推薦と違い、受験したらほぼ100%受かります)

中央大学・法政大学・成蹊大学・日本女子大学・東京薬科大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学・帝京大学 

同志社大学・立命館大学・関西大学・関西外国語大学・京都産業大学・近畿大学

西南学院大学・福岡大学・九州産業大学・九州共立大学・九州女子大学・福岡工業大学 

立命館アジア太平洋大学
など

平成30年度 合格実績

九州大学 7
横浜国立大学 1
広島大学 2
九州工業大学 7
福岡教育大学 3
熊本大学 1
長崎大学 3
佐賀大学 13
大分大学 1
宮崎大学 3
鹿児島大学 2
琉球大学 2
北見工業大学 1
秋田大学 1
新潟大学 1
茨城大学 1
島根大学 1
山口大学 4
愛媛大学 1

西南学院大学 54
福岡大学 181
九州産業大学 149
中村学園大学 28
福岡工業大学 28
福岡女学院大学 8

早稲田大学 2
東京理科大学 1
明治大学 3
上智大学 1
中央大学 4
成蹊大学 1
法政大学 1
学習院大学 1
津田塾大学 1
東京農業大学 1
日本大学 4
駒沢大学 2
専修大学 1

関西大学 4
同志社大学 2
立命館大学 4
龍谷大学 4

など

指定校推薦実績が掲載されていますので、実績もありますね。
国公立大学への合格者もけっこういます。

ただし中高一貫コースを含む実績なので、

人数自体は多めということは留意していた方がよさそうです。